学テ・模試 数学短評とおしらせ

こんばんは。塾長の髙橋です。

昨日(12月1日)、中3のお子さんが学校で
公立高校入試模擬試験を受験しました。

総合A(9月)の時点では、昨年度の入試のレベルから
すると、ある程度難しくなることは想定しておりました。
しかし、総合C(11月)の数学の平均点は、
塾生さんなどから聞いた話を総合すると、
この地区では60点中の10点台~20点台前半では
ないかと考えられます。

そして、12月模試は、総合Cよりはやや易しくなるのでは
ということは予想通りでしたが、ある程度戦略を持って
挑まないと難しいという問題もありましたね。

たとえば・・・

たとえば、大問7の問2については、
「切片と原点の線分を底辺にする」
「y軸で三角形を分割する」
「x座標が高さとなる」
ということに、短時間で気づけるか?ということが
ポイントになってきます。

また、問1の内容をそのまま利用するということも、
この先の高校数学ではよくある出題型式となります。

そのような中で・・・

当塾に通い、自発的に取り組むお子さんがいます。
学力テストが難化することをふまえて、
高レベルの問題集にあえてふれてもらい、
その中で大切なエッセンスを伝えてきました。

その結果、総合Aから総合Cにかけて、数学で
10点アップを達成してくれました。

60点中の10点は、大きいですよね。

おしらせ

当塾では、通常授業、講習会ともに、
本番への意識づくりのみならず、その先を見据えた
指導を行っております。

先取りが必要なお子様には先取りを、
復習が必要なお子様には復習を、
それぞれの状態に応じて、本人や保護者様と相談の上
取り進めております。

12月23日からは、冬季講習会がはじまります。
少しずつ、お問合せを頂いております。
来週、再来週はお問合せやご予約を多く頂戴することに
なるかと思いますので、塾選びや学習相談を検討されて
いらっしゃる方は、

ぜひお早めにご相談ください!!

お問い合わせは
090-6878-7168 (塾長・髙橋)
official_taka@hotmail.com
またはSNS(Facebook, line, twitter)でも承ります。

皆様のお越しをお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です